1番体調が悪かった時の話2.5(転院してからの1か月半)

投稿し忘れていましたが今回は1番体調が悪かった時のおまけ話です!

前回のお話はこちらです↓

1番体調が悪かった時の話2(入院から転院へ)
今回のお話は「1番体調が悪かった時の話1(入院前の出来事)」の続きです! まだ読まれていない方はこちらからご覧...

転院直後

意識が朦朧としながら救急車で転院しました。
そのとき今まで診察してもらったことがある先生たちが揃って出迎えてくださいました( ;∀;)
病室へ入るとすぐに人工呼吸器のマスクをつけるように言われました。
つけてすぐ体力の限界だったので眠るように意識を失ってしまいました。
目が覚めたのは次の日の朝でした。
母の話によると夜中にも診察してもらったことがある先生が様子を見に来てくださったそうです。
その話を聞いてこの病院お世話になっていてよかったと心の底から思いました(´-ω-`)

血液検査の結果で驚きの事実

血液検査をすると驚きの検査結果がでました。
なんと血液中の二酸化炭素の数値が98mmHgでした、、、!
普通の人は35~45mmHgです(;´∀`)
もし普通の人が98mmHgだと発狂して暴れまくるそうです。
当時確かにイライラしやすかったですが親は反抗期だと思っていたそうですw

とにかく入院中は二酸化炭素の数値を下げるためにずっと人工呼吸器をつけていました。
徐々に数値は減っていき意識が朦朧とすることはなくなっていました。

院内学級

話は変わりますが、入院期間が長かったので院内学級の先生にも来てもらって勉強を教えてもらっていました。
また1人だけ入院友達もできていました。
友達がいたことで入院生活の心の支えにもなりました。

また隣の病室の赤ちゃんにもとても癒されました。
今まで見た赤ちゃんで1番美人で可愛かったです(*´▽`*)

入院生活で仲間や癒しがあることは大切だなと思いました。
1人じゃない、、、というのはとても大切です、、、!

原因不明の吐血

体調が落ち着いてきた時期のある日の夜のことです。
いつも付き添いは母がしていてくれていたのですが、その日の付き添いは父でした。
夜中にお腹が減ったので何かを食べたいと思ったのですが自分では何も取れないので眠っていた父を起こそうと思いました。
ですが、、、何をしても起きない、、、。
お父さんと呼んでも起きない、テレビのリモコンを落としても起きない、酸素モニターを外して鳴らしてもおきない、、、!(大部屋だったので一瞬だけ鳴らしました)
ナースコールを鳴らそうと思ったのですが手が届かないところにありました(~_~;)
その後何とか起こしてヨーグルトを食べさしもらったのですが食べた直後から気持ち悪くなってきました。
少しして食べたヨーグルトを吐いてしまいました。
食べたものを全部吐いたら楽になると思っていたのですが、、、ずっと気持ち悪くてえずいていました。
すると急に真っ黒の海苔みたいな血が出始めました、、、。
急いで父がナースコールを押して病室を移動することになりました。
(何かの感染症だったらいけないので個室に移動しました)
病室を移動した後も吐いていましたが、胃潰瘍の薬を点滴で入れてもらったら楽になりました。
次の日エコー検査をすることに。
ですが検査結果は異状なしw
本当に吐血していたんですか?と聞かれましたw
不思議なことに回復力が早い?みたいですw

まとめ

色々あった1か月半でした(;´∀`)
入院中母と大喧嘩したこともありましたw
でも無事に手術日を迎えることができます!

次のお話はこちらです↓

1番体調が悪かった時の話3(手術後の話)
今回のお話は「1番体調が悪かった時の話2.5(転院してからの1か月半)」の続きです! まだ読まれていない方はこ...
タイトルとURLをコピーしました