1番体調が悪かった時の話2(入院から転院へ)

今回のお話は「1番体調が悪かった時の話1(入院前の出来事)」の続きです!
まだ読まれていない方はこちらからご覧ください。

1番体調が悪かった時の話1(入院前の出来事)
今回は私が1番体調が悪かった時のお話をしたいと思います。 私が1番体調が悪かったのは小学6年生の時です。 ...

体重が減ったり、息苦しさが出たり謎が多い中、側弯の手術のために大学病院へ入院しに行きます。

入院日当日

酸素ボンベを車に乗せて酸素を吸いながら大学病院へ向かっていると急にゴロゴロ…と痰が絡み始めました。
ただでさえ息苦が苦しいのに痰まで絡むと空気の通り道が狭くなり息が更にうまくできなくなります(´・ω・`)
入院前1か月間学校を休んでずっと家にいたので余計に肺に痰が溜まってしまっていました。
当時はしんどいから家で休んでいた方が体のためだろうと思っていました。
今思えば逆効果です。
しんどい時、痰が溜まっていそうな時ほど車などに乗って体を揺らして痰をこまめに出しておかないと…。
一気に大量の痰が上がってくると息ができません。
元気な時だと痰が絡んでも何もありませんが体調が悪く弱っていると…(´-ω-`)

結果、息がもっと苦しくなり呼吸困難になりました。
苦しくてこのまま窒息するんじゃないかと思いました…。
その時に母が後ろの座席に横にならせてくれました。
すると少し息が楽になりました。
後部座席へ横になったまま病院へ向かいました。

病院へ到着

病院へ着いてタンカーを出してもらい病室まで移動しました。

※ここからさらに重い話になるので苦手な方は読まない方がいいかもしれません。

側弯の手術だったので小児科ではなく整形外科の入院病棟に入院でした。
私はナースステーションの目の前の病室でした。
(ナースステーションに近い病室ほど容体が急変する患者さんがおられることが多いです。)
タンカーで病室へ運ばれてからもずっと息苦しくて意識が朦朧としていました。
本当は入院してすぐに検査などに行かないと行けませんでしたが、体調が悪かったので行けませんでした。
血液検査は看護師さんに来てもらいしてもらうことになりました…。
ですが…うまく血が取れない…。
私の血管は細くて取りにくいそうです。
結局その日は血を取ることができませんでした。

次の日、手術前の医師からの説明がありました。
私は意識が朦朧としていて話を聞ける状態ではありませんでした。
なので両親が話を聞きました。
すると医師から(担当医ではない別の科の先生です。)
「この先死ぬ子に手術はできません。(当時の私の状態を見て。)」
「術後ケアのスペシャリストも手術に反対しています。(手術成功しても死ぬ確率の方が高い。)」
「ただこのまま手術をしなければ、余命半年です。」
と言われたそうです…。
余命宣告…((((;゚Д゚)))))))

私は当時、側弯は100°以上進んでいました。逆S字に側弯が進行していたので右の肺が背骨で潰されていました。また酸素も使っていたので手術ができるかできないかギリギリの状態でした。

両親が話を聞いて戻ってくると母が泣いていました…。
意識が朦朧としながらも自分のせいで泣かせているということはわかりました。

しばらくすると担当医の先生(手術をしてくれる医師)が病室まで来てくれました。
先生は
「私は必ず手術を成功させることはできる!失敗なんてしない。」
と、どこかのドラマみたいなセリフを言われていましたw
「ただ問題は術後なんだ。麻酔科の医師も反対している。手術がうまくいっても高確率で気管切開をすると思う。最悪の場合は…」
確かにこの先生は今まで外国でも手術されていて失敗されたことはないそうです。
でも問題は術後経過。
この状況で手術すると自発呼吸ができず気管切開になるだろうとのことでした。
気管切開をすると声を出せなくなるかもしれない可能性がありました。
それに気管切開をしても死ぬ可能性もありました…。

その話を聞いて母はまた泣いていました。
母はこの状況をどうにかしたい一心でもう1つのお世話になっていた大学病院の先生に電話をかけました。
「助けて欲しい」と。
すると電話を受けてくださった先生は、
「こっちの病院においで。」
と言ってくださいました。

そのまま大学病院同士で話は進み、手術は延期にして体調回復のために転院することになりました。

今回はここまで…。
重たい話ですみません(>人<;)
ちなみに最後の電話を受けてくださった先生は私の病気(SMA)を見つけてくれた先生です!
とても優しい先生でこの時に転院の許可を出してくだされていなければ今の私はいないと思います。
本当に命の恩人です。
ありがとうございます。

次回は転院してからの1か月半のお話をしたいと思います!

【追記】
次のお話はこちらです!

1番体調が悪かった時の話2.5(転院してからの1か月半)
投稿し忘れていましたが今回は1番体調が悪かった時のおまけ話です! 前回のお話はこちらです↓ ...
タイトルとURLをコピーしました